今回の新作は、

 

「夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~」
「悪夢~先生は僕だけのものだと思っていたのに…~」
「息子をダメにしたのは母の身体でした。」

 

という電子書籍サイトでも安定した人気を誇る作品を多数手掛ける、水無月三日先生の自信作になります…!!

 

水無月三日先生と言えばエロ漫画界でもかなり有名な人なので、知っている人は知っているといったところでしょうか。

 

そんな先生の新作とあれば読まないわけにはいきません…!!

 

私も水無月三日先生の新作は常にチェックしているのですが、ソッコーで読んでみた結果、見事に引き込まれてしまいました(笑)

 

今回はそんな水無月三日先生の「妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由」をネタバレしていきます!

 

感想もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください☆

 

「妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由」無料試し読みはこちら→

 

「妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由」1話 叔母さん、今日は客として来たんです 無料ネタバレ!

 

幼いころから知ってるし、女としては当然一度も見たことなかった…今日この日までは

 

数日前…

宏樹は突然叔父に呼び出された

 

会話の内容は、叔父さんの妻(叔母のすみれ)の帰りが遅くて胸元にキスマークがついていることから、浮気が疑われているらしい…

 

そこで、小さいころからすみれと仲の良かった宏樹が不倫をしていないのなら、その証拠として調査をしてきてほしいというものだった

 

「だるい…」

「だるすぎる」

 

憂鬱になりながらすみれの後をつける宏樹

 

「セクキャバかよ」

「そこの客と不倫してるってことかな!?」

 

からかいにいこうと店に入る宏樹

 

「いらっしゃいませ、ご指名はございますでしょうか?」

 

宏樹はすかさずすみれの源氏名・ミルクを指名

 

場内は薄暗くエロエロしい雰囲気に包まれていた

 

「あっチェンジする~?さすがに親戚の叔母ちゃんなんて嫌だよねー」

 

バニーガール姿でお出迎えするすみれ

すでに勃〇している宏樹

 

それに気づき苦笑いするすみれ

宏樹は叔母の肩に手をまわし、ビールをゴクゴクと飲んで豪遊している

 

「ヒロくんって大学一年生だっけ?今は夏休み中かな」

「違うよ~去年中台して今は糞ニート満喫中だよ~ん」

 

よだれをたらしながらすみれに抱きつく宏樹

(叔母さんゴメン…我慢できない)

 

宏樹はゆっくりと叔母の胸元に手を伸ばし、おっぱいを貪ろうとします

「こ~ら、やめなさい」

「今日は客としてきたんです」

 

「ほかの子にしな?若くて可愛い子いっぱいいるから」

 

聞く耳をまったくもたずに股間をすみれの秘部に擦り付けようとする宏樹

 

すりゅすりゅ

 

「ミルクちゃんじゃなきゃやだ」

「もう…ふざけないで」

 

(こりゃキスマークもつくわ)

浮気調査で入ったセクキャバで男を発揮してしまう宏樹…

 

このあとの展開はいかに…!?

続きは本編でお楽しみください♪

「妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由」1話 叔母さん、今日は客として来たんです 感想

 

1話から笑い要素あり、エロ要素あり、この後の展開楽しみで引き込まれました…!!

 

まず叔父さんの顔芸と必死っぷりが笑えるのですが、ここからテンポよくエロ展開になっていくのでスピーディーさが素晴らしいと思いました♪

宏樹も人間臭く描かれているので、見ていて共感できる部分がかなり多いです。

 

叔母のすみれさんも巨乳美人でグラマラスな身体つきをしていますので、宏樹が心奪われてしまう気持ちもわかります(笑)

 

セクキャバでのやり取りや雰囲気も描かれていて、セクキャバ経験がない自分としては

 

「どんな展開が待ってるんだろう…」

 

とドキドキしっぱなしでしたw

 

こんなエロい女が近くにいたのに手を出せなかった宏樹はむしろ可哀そうでしたね、、

 

そう思わせるくらいすみれさんは魅力的な女性です♪

あっミルクさんだったか(笑)

 

この後の展開が待ち遠しすぎます…!!

 

「妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由」無料試し読みはこちら→

おすすめの記事